KEY OF LIFE

お茶好き・さわが日々心に留まったことを綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Generation Gap

昨日から折に触れて思い、
今朝の『あさイチ』観ても思った

「大人ってなんですか?」

(以下、超長文になった時点で、すでに私は大人になりきれてない証明だなorz
 ホントに興味ある方だけ、続きをどうぞ)


きっかけは、私の母世代の仕事仲間さん数人(私の仕事は母の世代から
大学卒業したてさんまで幅広いのです)と話したこと

まず、中学校に入ったばかりの女の子が、
某タレントさんのことで忙しくて塾をやめたんだけど、理由が。。。
「お母さんが『花金は、夜中まで一緒に娘とTV番組観てるし、
 娘の付き添いで一緒にコンサートにも行かないといけないし、忙しい
 塾の送り迎えも負担だし』
 と言うのには呆れたよ」というところからスタート

どうやら、その一人っ子の女の子の望みを「出来る限り」叶えるべく
お母さんはグッズ買いにも走るし、一緒に遠方にもついて回ってるらしい。。。
そして、毎日そのタレントさんの話題で娘と超仲良しなのを嬉しく思ってる
お父さんは、何でも娘が一生懸命になれることなら許可、らしくて、
今回の期末試験が
『涙も出ないくらいのどうしようもない結果に終わったのはやる気を起こさせない塾のせい』
だから、やめさせる!ということらしいんだけど、、、

母世代からすると、「そんな『追っかけ』 許していて、
勉強をこれっぽっちもしないでおいて成績が悪いと文句を言うのは
呆れるを通り越して怖い」 ということ

「だいたい、お母さん自身が『追っかけ』なんでしょうね」
うん、多分そうだと思うよ;;;

と、ここまでなら(タレントに入れあげる云々抜きに)よく聞く話
その次からが、なんとなく身につまされつつ、引っかかっちゃった話;;;


それは、私より2つ年上のお仲間さんのことなんだけど。。。
仕事上、ひと月に数回講座に出て単位を取得することが義務付けられてるんだけど、
そのHさんは、近場の講習会場には行くけど、名古屋とそれより遠い会場での講習会は、
「必須」でも行かない、と宣言しているのだとか
(「必須」だけど、とりあえずフォローの場はあるので)
仕事はきちんとしているし、仲間内でもピカイチ☆で認められているHさんだからこそ
許されてるとも言える発言&行動ではあると思うんだけどね。。。

やはり、母世代からすると、イマイチ納得できないことが。。。

「Hさんは、某演歌界若手スターさんの追っかけで、コンサートや番組収録や
 そういうのは日本全国時間が許す限り行くんだよね!
 いい歳なんだから、いつまでも子供みたいにそんなこと に関わってたらイカンよねぇ
 だいたい、『必須』の講習会に出ないでおいて、コンサートはないよね 
 大人のすることじゃないよね」

 (‐”‐;) (‐”‐;) (‐”‐;)

えぇ~~~~っと;;;
え?何?何?何?この雰囲気;;;

と、黙ってればいいものを、つい「えー?コンサートだめ?私も行くし。。。舞台も」
言っちゃった。。。
そしたらーーー;;;

「は!?あんた、何しとるの!?>実母(この場に居たんですねぇ;;;)」
見る間に『残念&恥ずかしい』顔に、、、

「あんたねぇ、もう大人なんだし、子供もおるのに、いい加減にしなさいよ」

え?なぜ?何?
まぁねぇ;;;
「役者→河原こ○き」という感覚で育った世代だからね;;;
その発言は分からなくもない;;;
その母の感覚に超反抗してたその昔の自分、だしね;;;
もしかしたら、母の中に、あの葛藤の日々が思い出されたのかもしれない;;;

「昔の人」は、どうも思い込みが強くて いけねー;;;

そうこう言いつつも、「娘」のことを信じてくれたのか、
とりあえず私は結婚まで実家に居続けることができたわけだから、
感謝すべきなのか?(脱線失礼;;;)

ともあれ、その場は時間が来てしまって、そのまま終了となったわけだけど、
それこそ割り切れないモヤモヤでいっぱいになってしまった私;;;

さて、その夜、『爆笑問題 ニッポンの教養』にて、野田秀樹さん登場!
ということで、嬉々としてTVの前に座り、懐かしい舞台の様子やら
「おぉ~~~!!!」と感激の面持ちで観てた私だけど、
来週へのつなぎとなる、番組終盤で、またしても「大人ってなんですか?」な
発言が野田さんの御口から飛び出し、、、モヤモヤ;;;

野)「日本人の持ってる幼さが、非情にヤバイところにまで来てる気がする
   つまり、もう いくつになっても変なキャラクター商品みたいなの
   つけて。。。なんか、携帯ストラップとか、さ。
   大人のやることじゃないじゃん」

お説の趣旨は思わないでもない。。。そういう自分と、
ブランド物・親方日○丸にドップリな親世代の方たちだって居るでしょ?との思い
>基準が違う、、ってか、、、

思うことは、確かにあるのよね、、、
そこまでそのキャラクター商品にこだわるのもどうかと思うよ;;;とか
同世代の人に。。。

私の世代は、いつも、間にあるように思う
ちょうど、東京オリンピック前夜に生まれた世代
まだ、大戦による「空き地」もあったり、古い日本の匂いを体感しながら子供時代を過ごし、
思春期にはバブル時代の萌芽を楽しんで、「消費」の主役に躍り出た世代

母世代と、団塊ジュニア世代の間に挟まれて
そのどっちも「分かる」気がする。。。と、
ちょっと流されながら日々生きてる

このままの世の中で良いのか、とジレンマを抱えつつも
親世代と一緒で、大声でプロパガンダを唱えることもしない
結局、65年前の文化的大転換を消化しきれないまま
「大人」が大人の貌をみつけられないで流れていくのか。。。


自分の大切な人をを思い、その将来に責任を感じて自分のできることをする

基本はそれで、付随する諸々をきちんと考えていけばいいんだよね?

と、小さな声で、唱えてみる。。。
スポンサーサイト
[ 2010/07/14 19:20 ] 大放言 | TB(-) | CM(2)
それでいいのだ!
自分の大切な人をを思い、その将来に責任を感じて自分のできることをする

基本はそれで、付随する諸々をきちんと考えていけばいいんだよね?

そのとおりだと思います!

でも「自分のできることをする」これが意外と難しかったりする。
私が心がけていることは「できるだけシンプルにそして丁寧に」です。
なんでもかんでもです。こころがけてはいるもののまだまだです。

追っかけ結構じゃないですか!
塾をやめさせたお母さんは論外ですが。。。。
やっぱり基本はおさえないと。
自分の好きな事を見つけられれば、つまらないことを考えずにすむし何より楽しい。
楽しそうにニコニコしていれば幸せが来る!?

自分を信じて生活していきたいです。
[ 2010/07/16 11:57 ] [ 編集 ]
ありがとうございます*^^
◆M1様
こんばんは*
お返事遅くなりましたm(_ _)m

超長駄文を最後まで読んでいただき、ありがとうございます*

>でも「自分のできることをする」これが意外と難しかったりする。

そうなんですよねぇ~;;;
書きながら、自分、出来てないじゃん!!!と突っ込んでおりましたorz>特に、掃除は;;;
世間様が「当たり前」と考えることが、一番難しいのかもしれません

>私が心がけていることは「できるだけシンプルにそして丁寧に」です。

いいですね~*^^
たぶん、M1様は、きちんとしてらっしゃると思いますよ!!
というか、してらっしゃいますよね?そういうイメージです♪^^
私はなかなかシンプルに出来ないんですよね;;;
身の回りも、思考の中身もゴチャゴチャですorz8一応自分の中のMAPはあるんですけど*)


>自分の好きな事を見つけられれば、つまらないことを考えずにすむし何より楽しい。

この部分、すごく納得!
ふっと空いた時間に、何か「想う事」があるのは良いですよね*^^
それが人に対する想いでなくても、好きなことなら何かしら発見があって、
毎日その「お♪^0^」が積み重なっていけば、結局楽しい日々になる
ココロに余裕が生まれれば、自然と周りにそういう「良い気」が生まれますよね*^^

なんだか、自分で書いておいて、イマイチこなれないな;;;と思ってたのです
解き明かしていただいたみたいで嬉しいw^^
ありがとうございました

私も日々「シンプル&丁寧に」を目指していこ☆^^
[ 2010/07/17 01:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。