KEY OF LIFE

お茶好き・さわが日々心に留まったことを綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

In the cool twilight...

降り出しの雨は歓迎なのですが。。。
一日ずっとだと、徐々に内省スパイラルに陥っていくのが
私の難点です;;;

LOVE PSYCHEDELICO を聴いているうちはまだ良かったのだけど、
そのうち Mike Oldfield に流れ、最後は  ATOLL(プログレ) 
辿り着いてしまった。。。
(その間、ずっと新聞切り抜きやら雑誌の整理)

'70年代ですからねぇ。。。>ATOLL
でも、今でもそのsoundのキレの良さ(アナログですから)に
素直にのめり込んでしまう

音を緻密に積み重ねて行く手法やアルペジオの展開が
どこかクラシックに通じる気がして、
このグループを知った当時、
ヴィヴァルディの『調和の幻想(霊感とも)』作品10(ネヴィル・マリナー指揮じゃなきゃだめw)
を「神作品」と思ってた私には、Rockでこんなん演ってる人達が居るんだ!と
妙に共感して嵌った、という経緯があった
*特に、3rd『TERTIO』のTUNNEL-part2は、ラヴェルのボレロに通じる高揚感と、
 異次元を高速で移動しているかのような疾走感が秀逸☆

それまで、耳にしたことがあるとはいえ、
自分がどっぷりとプログレに嵌るとは。。。大丈夫か!?(笑
って思ったりもしたなー

と、いう感じで聴いてたんだけど。。。
なーんか*
今ドキ巷に流布してる「音楽」って。。。案外プログレっぽいなー!と
思う曲多々*
まぁ、プログレバンドの殆どが、'80年代にはpop化したわけだし、
音もそんなに攻撃的にドラマチックな「切り替えし」をしなくなって
いわゆる「ポピュラーミュージック」との境がなくなっていき。。。
一部「アンビエントミュージック」なんて言われ方した人たちもいたな

そんなこと思いながら、今、ATOLL 2nd『組曲/夢魔』より、
ラストの
「プラスチックの墓標(a.プラスチックの街 b.墓地
 c.不思議な子供たち d.夜を求めて)」
を聴いているわけですが。。。
なんでこういうタイトル付けるかな、、、
断っておきますが、私にはホラー系の趣味はありません 皆無です;;
この歌詞カードに見入ってると、妙な人みたいに見えそうですけど、、、
音も普通にRock(今で言うとビジュアル系bandのノリ)なんだけどな

ちなみに、もう何年も前だけど、TVでメンバーのクリスチャン・ベアが
来日したのニュースを見た覚えがあるんだけど。。。
皆さん、お元気なんでしょうか?(とっくに解散してるけどね;;)
ほぼメンバーみんな還暦だなw

先日、温泉クマグスの山田べにこさんが、お出掛けの際には
BGMでプログレを掛けるということだったけど。。。
是非、ATOLLもコレクションに加えて欲しいところw
スポンサーサイト
[ 2010/05/23 23:57 ] 日々のこと/私 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。