KEY OF LIFE

お茶好き・さわが日々心に留まったことを綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

出せない手紙

↓の件で、いまひとつダウンスパイラルな今日ですが;;;
しかも、今、『 出せない手紙 』聴いちゃってるし;;;
次の『 Feel your breez 』で上昇できれば良いのですが

しかし。
今回はその件ではありません
V6ファンになった自分についての自己分析(まだやってるの!?;;;)において
どんどん細かくなっているのですが、とりあえず最終編ということで up

(関心のない方、記事に拒否反応の方、スルーでお願いします 
 あくまでこれは私的な確認作業でもあるので)

テーマは、「祈り(VIBES)としてのダンス」


以前、私自身も芝居をしていたと書きました

学生演劇でしたが、同時にディスコ黎明期に嵌ってもおり、
「肉体の表現 ≒ ダンス」ということにも興味・関心があって
さまざまなスタイルの「舞踏」「舞踊」を観るのも好きでした

劇団では、エクササイズもしていましたが、
自分の肉体の不確かさ、不完全さに絶望を感じることすらありました
(身体がとても硬いんです;;;)
ディスコで踊る程度はクリアできても、全然「踊れ」ない;;;

そして、目にする 上級者としてのみなさんの美しい身体の動き。。。
どうやったらあんな風に撓るのか、
その一瞬の溜めと、エネルギーが爆発的に放出される際の
美しい弧を描く身体のライン、目に焼きつく残像のフォルムの確かさ

その境地に達するまでの鍛錬は、
「身体が柔らかい」「手足が長い」「肺活量が大きい」などの先天的能力があれば
購えるというものではありません
不断の努力なくして、ひとつの力を、意識的に隣の筋肉に伝えるのは不可能です
幼いうちからそれと知らずに鍛錬されていることもあるかもしれませんが、
それとて、続けられなかったら 反映されてこないでしょう

実際、身体は正直なもので、ゆるめばすぐにグダグダになります
(;;;最近、グダグダです>自分 またエクササイズしなくちゃ~;;;)

話が逸れました 戻します

「踊る人」は、どうしてそうまでして身体を造って表現するのでしょう?


「届けるため」

単純ではありますが、私はそれに尽きると思います
心の奥底に眠る 声なき声を 身体を通して響かせ、空気を震わせ、他者に届ける

その昔、「依りまし(シャーマン)」は祈るだけでなく、踊る場合もあったそうです
巫女さん、と言えば分かりやすいでしょうか?(全くおんなじじゃないけどね)

天と地のあわいにあって、transmitter の役割を果たすために、
彼ら、彼女たちは潔斎し、修行を積むのが常でした

また、そんなピンポイントの話じゃなくても、
動物界においても、「踊りが上手い」ことは、
お嫁さん探しの重要なポイントだったりしますね
「オレはここに居るぞー!」と伝えるためのw


そういうわけで、ダンスが上手い人にはつい目が行くわけです
かといって、最近流行のクネクネだけのダンスはちょっと苦手;;;
もっと、静と動の境目があるダンスが好きだったりします

私がV6に嵌ったきっかけが、
FN○歌謡祭での 坂本くんネクタイふわぁっ☆の瞬間 と書きました
風が吹いた。。。と
あのネクタイだって、上手く力が伝わらなかったら、
あんなに綺麗な靡き方はしないんです
撓って溜められた力が、結び目から先まで伝わるコンマ何秒の中で
その周りに巻き起こった波動が目に見えるようでした

もしかしたら、以前、私の「ネクタイふわぁ☆に嵌った」という記述を見て
「引く;;;」「なに!?それ!?」と思われた方もあったかと思います
ま、これは本当に個人的な感覚なので、解って!なんて気持ちはありませんし
書いてどうなるものでもないし、
なによりご本人が キモイ かもしれませんが、、、
私にとっては これが真相です

そして、それに乗ってくるあの 前に前に、伸びていく歌声
ダンスと同じく、声も波動であることは間違いありません


その後、いろいろな彼らを観て、聴きました
6人6様の美しく鍛えられたフォルムと響き
そのコラボレーションの妙に、今もまだ発見が続きます

普段の素顔も知りたい反面、
私の在り方は、コンサートやステージを観る、あるいは、歌声を聴くことなのかなと
あらためて思っています
こんなファンが一人くらい居てもいいかな*
スポンサーサイト
[ 2010/02/03 11:45 ] V6 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。