KEY OF LIFE

お茶好き・さわが日々心に留まったことを綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

風を聴いている

もう3日ほど前になるのか。。。

長男:Fに、「かぁさん、もう(V6)落ち着いたんじゃない?」と言われた

む、む、む
スルドイ奴め;;;

落ち着いたといっても、とりあえず買いたいものを買って、
それを全部聴くなり観るなりがひと段落したということだったんだけど、
自分でも「とりあえず聴いたなーw」と思った午後に
こんなこと言われたので なんとなく気恥ずかしいような気もした;;;
自分の息子ながら、なんて読みが早いのかorz

それって大きな資質でもあるけど、諸刃の刃になりうるんじゃないか、と
親としては気になるけどね

と、一瞬そんなことが頭を掠めた私に、
続けて
「で、葬式の時掛ける音楽に追加するの?V6?」と言うので苦笑い

そうなのだ
実家の父が、よく「オレの葬式には『フォーレのレクイエム』を掛けてくれ」というので
私も真似して、
「私のお別れの会には MikeOldfield の ForeignAffair と岩代太郎さんの never again
 松居慶子さんの Deep Blue 、Libera の Libera を掛けてね」と言っている
いわゆる業者の会場では無理がありそうな曲ばかりだけれど、
できれば好きな曲で送って欲しい
昔は、角松の No End Summer が候補だったこともあったり、滅茶苦茶な感もあるけど
とりあえず、好きな曲ばかり掛けたら「送る」気分じゃなくなるのが目に見えているので
無理は言いません(笑
(上記ラインアップでもかなりヘンだとは思う;;;)

もっと中世っぽい Richard Souther の The Fire of the Spirit も候補なんだけど、
これ、怪しい感じになっちゃうからNG
なんだろう。。。結局ケルティックな響きのものに とても惹かれる

風に吹かれて高く飛翔していくイメージ

作り出されるサウンドだけでなく、
人の声も。。。
ハスキーというのとは少し違う
声はあくまでも澄んで透明度が高いのが理想
それに、少しの抜け感が加われば言うことはない。。。

たぶん、だからなんだと思って、「腑に落ちた>落ち着いた」のだ
私がV6の坂本くんの声に反応した理由

バラバラに見えるピースを辿る作業を無意識にしていた
(V6一辺倒だったここ2週間が、急に岩代太郎さん聴いたりケルティック・ウーマンに行ったので)
それを、Fは言い当てたのだ
怖い奴;;;

さて
そんな「風好き」な私が、Fについて鮮烈に憶えている記憶がある
いや、記憶というより現実の「記録」

小学校4年生で、初めて陸上の県大会に出場した時に撮った一枚の写真
「位置について」と言われる直前の瞬間を収めたものだ

Fは、前方をじっと見つめている
その目にはきっとゴールテープの白が刻まれているはずだ
そして、その画像は、妙に しん としているのにこちらには風が吹いている

ように、私には見える

これから始まるレースの程よい緊張感
5月の風が吹き抜けていくのをそのまま感じて立っているかのような自然な面持ち

この後、Fは入賞を果たし、次シーズンのパンフレットに名前を載せていただくことになるのだが
この時はそんなことは予想もしていない
ただ、自分の少し先の未来を見つめる姿があるだけだ

今、奴は何を思っているだろう?
この時と同じ目をしているだろうか?
できればあとひと月、この「風を感じる目」を持ち続けて欲しい

翼になれ!
スポンサーサイト
[ 2010/01/18 13:34 ] 日々のこと/私 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。