KEY OF LIFE

お茶好き・さわが日々心に留まったことを綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

信じるとは?

私は、今いる場所に自信がないのか?
していることに倦んでいるのか?
すべての関係から逃げているのか?

たまに、分からなくなる


今日は、仕事関係の会議で、
つい「うっかりと」本音を言った
そしたら きたきた
批判、もしくは否定の嵐
本部サイドの人間は仕方ない
仲間。。。といっても、私の母のような年齢の人の上から攻撃も仕方ない
確かに、私はこの組織に属して仕事をしている以上、
組織の不利益に繋がること、ひいては
組織の否定にもなりかねないことを言うべきではなかったのだろう

しかし
どんな組織にも、少しの矛盾は生じるのではないか。。。
そんな私の思いはストレートすぎて痛いのか
まぁ、よく息子にも「賢い母なら(人なら)そんなことは公然と言わないでしょ」
と言われるので、私のこの性格が、根っからのアフォなんだろう

現実の混沌を、私たちが仕事で対峙する人たちが持つ不安を、
「こちらの提供するものだけやっていれば、そんな不安はない『はず』なんですけどねぇ」と言い切る本部サイドの人間は、彼自身のプライベートにおいて、その不安要因にまだ巻き込まれたことはない
現実世界の混沌と不安をまだ経験していない人と、すでに通り過ぎてしまった世代の人の言葉
だから、私はそんな言葉に折れる必要はないのだ、と思ってみても、
すでに口からこぼれ出た言葉の持つ重みと影響力は、これを消すことは出来ない

私は、でも、
自分のしていることに妄信や過信はもちたくないのだ
この方法さえしていればOKなんて、
生身の人間相手にそんな訳はない
必要に応じて、色んな対応があってこそ、その能力も開いていくのだと思っている
私たちのしていることは、大きな目標に向かっての、ひとつのきっかけにしかすぎない

かといって、確かに私はひとつの組織に属し、その組織の提供するノウハウに沿って仕事をしているわけだから
覚悟もないまま、批判に繋がることを言うべきではなかったのかもしれない
結局は、日々の中で感じている疑問が口を突いて出たのと同じなのだ
そういう意味では、この仕事について、本部サイドから今後なんらかの指導もしくは契約見直しがあったとしても仕方のないことだ

人は迷うもの
しかし、迷う姿自体を否定されるべきものではない
スポンサーサイト
[ 2009/03/18 15:12 ] 日々のこと/私 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。