KEY OF LIFE

お茶好き・さわが日々心に留まったことを綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スタートが狂った日

今朝もFの為のお弁当作りで5時に起きたのですが。。。
昨日の土砂降りの影響か、練習試合中止の連絡が、出かける直前に入り、
「ガクッ」と来てしまった朝です。

まー、そん時の曇り空も、今は快晴。
気を取り直して頑張りましょw

昨日も↓でチラッと書きましたが、
Mの高校入試も全ての日程を終え、今日は家族中ぼぉーっとしているようです。
結果は1週間後。
どう転んでも、決めた先でまた「全力」な生活をすることを確認しました。^^

と、いうことで、Mの件はいつもどこかFの時より軽く(?)穏やかな感じで過ぎていってしまう感があるような気がするのですが、、、
それは、もしかしたらM自身が「欲がない」というのか、他人をうらやんだり自分を卑下したりすることがなく、頑張った人には拍手を送り、自分の結果についてはそれがどんなものであれ、受け入れ、恥じることがない(いい意味でね。もちろん反省すべきはするんですが)というスタンスの子だからかもしれません。
親としては少し歯がゆくもあるのですが、先日の卒業式を見る限り。。。また、今日も出掛けてるのですが、そうしていつもちゃんと誘ってくれる友達がいるということを見ていても、世の中ちゃんと進んでいけるんではないかと、実は兄よりも頼もしくさえ思っている面もあることが分かってきたのです。
小学校の頃は、親の癖にどうしてもMのことがよく分からなくて、担任に「いや、M君はF君より大物になると思いますよー」なんて言われても、先生がMのどこを見てそんな風に思うのかさっぱり分からなかったのです。
成績や対学校行事への積極さ、友達の雰囲気は、Fの方が派手というか、リーダーっぽい集団のように親にも周囲にも見えていたわけですが、MはMで確実に歩んでいるんだな、と。

年子ということで、何かと比べられることも多く、Mにはしんどいこともあったかもしれないけれど、それだからこそ、現実をちゃんと見ることができるのかもしれません。

あー、朝から何を書いているのか。
ともあれ、親が思う世間体やプライドは子供にはなんの関わりもないということですね。
(今頃身に沁みてるって遅い;;;)

と、いうことで、長くなってしまったので、書きたかった昨日:ホワイトデイについてはまた別途。
スポンサーサイト
[ 2008/03/15 09:41 ] 日々のこと/子供 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。