KEY OF LIFE

お茶好き・さわが日々心に留まったことを綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

覚書(図書館利用)

1月19日付(予約本受け取り)  2月2日返却予定

  『あなたの呼吸が止まるまで』 
  島本理生 著  新潮社

  『名残り火 (てのひらの闇 )』
  藤原伊織 著  文藝春秋

  『オーデュボンの祈り』
  伊坂幸太郎 著  新潮社

『オーデュボンの祈り』は再読。
先日借りた『フィッシュストーリー』に、こちらの主人公の名前がチラリと出ていたので何となく。
伊坂さんの本は、ぐいぐい読ませる力があって好き。読んでいる間はすごく集中していられる。
ただ、読後に何か得たものはあるかといわれると定かではないんだけどね。。。笑

先日借りた中では、『フィッシュストーリー』と『流星ワゴン』読了
『パール判事』『博士の本棚』途中
あとは。。。手が付いていません;;;
たぶん。。。も1回借りちゃう。。。かな(それってあんまり良くない。。。よね;;;アハ)

そう、そう。
昨日は広辞苑の第六版(普通版)を買いました。
電子辞書が主流になっていくと言われているんだけど。。。
私は自分の手で引く辞書が好き。
「紙の」辞書だと、ターゲットの言葉だけじゃなくて、周りの言葉も自然に目に入るし、
そういう風にして出会った言葉って結構面白かったりするし。
特に英語(というか、外国語)の辞書はそういうの顕著な気がするー。
あと、辞書の紙の手触りや匂いも好き♪←ヘン!?笑
スポンサーサイト
[ 2008/01/20 21:22 ] 本棚 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。