KEY OF LIFE

お茶好き・さわが日々心に留まったことを綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ようやく落ち着いてきたかな

いつも10月は比較的平穏に過ごしている我が家ですが、今年はホントにどうしちゃったのか?という感じでした。

私の体調は月の始めからの変調がようやく収まってきて、
最近では最高値(血圧のね)が180台になることはなくなり、最低値も110を越えることはあんまりなくなってきました。
診て頂いて10日を過ぎ、ようやくお医者様の言っていた値に近くなってきた感じです。

まー、私のことは、もちろん自分のことなので大丈夫ですが。

長男にはもっと試練の10月だったかな。
10月の第2週の週末を挟んだ数日が中間考査だったわけですが、
最終日にはしっかり部活動がありました。
今回はグラウンド使用の関係もあって、すんごく珍しく、朝練も午後練もないテスト週間だったので、
私も体調悪い中、随分と助かったものです。
それは良いんですが、、、
まさか、それで気持ちも身体も緩んでいたわけではないんでしょうが、
練習再開後30分経つか経たないかの時、Fは利き手の左に大怪我orz
しかも、ピッチャーには大切な人差し指を負傷したとて、大騒ぎだったようです。
私は、たまたま仕事日だったこともあり、昼を食べて、仕事に行く直前まで休んでいたのですが、
部屋を閉め切っていたため、電話のベル音に気付かず、、、
身支度を整え(この間15分くらいかな?)仕事に行こうとして、携帯をチェックした時、Fからの着信が1度あるのに気付きはしたのですが、
特に伝言はなく、
この日、たまたま別件で私が連絡事項を残しておいたので、その返事だろうと思ったのです。
そして、そのまま車で50分ほどの仕事場(実家)まで移動。
「こんにちはー!」と、扉を開けたら!!!
「あんた!!!どこをフラフラほっつき歩いとるだん!!!!!」と、上司(?)同僚(?)である母から大雷。
私はわけが分からず、「はぁ?」状態。
「学校からも何度も電話行ったのに、出もせんで!!!」
って、なんも伝言無かったやんorz
その日、実は2回休んだあとだったので、とっても大事な日だったのですが、、、仕方ない。
既にFは、家に帰っているというので
また50分、、、いえ、午後の一番混む時間帯に掛かりつつあったので1時間ちょい掛けてようやくもどり、
大慌てで整形外科に行きました。

状況は。。。
バント練習中、バットとボールに左手人差し指を挟んだ(要するに、バントしそこねたか何かでピッチャーの投げた硬球が指に直接当たった)のです。
硬球ってほんとに硬いんですよね~;;;
指が爆ぜ(2cmほどパックリの傷)、かなり出血したらしいです。
すぐに保健室で応急手当されましたが、骨が折れている可能性があるから通うのに便利な家の近くの整形に行くようにと指示され、速攻で帰宅した模様。
私も診察室に入り、Fの指を見ましたが、、、
なんというか、、、まったく。
幸い骨に異常はなかったのですが、組織が死んで、第二関節半ばから先が黒くなっていました。
ほんとに治るのか、、、
医師からは、「ほんとは縫いたいところだけど、ピッチャーなので、指先の感覚が狂うといけないから、テープで寄せておきます。時間は掛かるけど、その方が良いでしょう」と、言われ、、、
テスト前、顧問の先生からは、次回の練習試合&公式戦にはベンチ入りもあるようなことを言われていただけに、本人のショックは大きく、逆に大きすぎて諦めも早かったみたいです。

ふぅ。

私がnetに日記など書き始めて7年ほど。その当時からお付き合いくださっている方はもうご存知かもしれませんが、、、
この子はホントにどこまでこういう運命を背負っていくんだろう。。。と思ってしまいました。
ある意味、こういう、まさにこれまでの努力が実る!という時に、何かがこの子の中で緩むのかとも思うわけですが、、、
まー、今回は自分の不注意のせいもあるとは思うのですが、小学校4年の時のデビュー戦数日前の指の骨折は、お友達が思いっきり蹴ったサッカーボールが、後ろ向きに歩いていたFに当たったもので偶然だったと思うし、小6の時の陸上部の県大会の時も、足の骨折は、体格の良い子がふざけて倒れ込んできて(Fはたまたま居合わせただけ)だったし、、、
あと2回の怪我も防げたといえばそうかもしれないけど、、、
なにしろ、大会前の怪我というのが多いんですorz
「発表の場」が近づくたびに、気をつけてね!と言ってるんだけどなぁ、、、
たぶん、「まだお前にはその舞台は早い。身体作りが先」と天のお導きなんでしょう。

ともあれ。
その怪我も、なんとか傷口は塞がってきましたし。
11月始めの大事な大会には出られそうにないけれど、まだ1年生。これからチャンスも来るでしょう。
今週に入ってからは、筋トレを本格的に開始したようで、先輩たちから
「お前、これ以上マッチョになってどうするや!?」と温かい気遣いも頂いているようです*^^
(心配してくれてるんだよね~。こういう揶揄のような、テレの入った声掛け聞くと涙出ちゃうw)
こうして一歩一歩進んで行くことが大事ですね。
それが理にかなったことであれば、活躍の場は必ず与えられると信じて。
スポンサーサイト
[ 2007/10/26 10:10 ] 日々のこと/私 | TB(-) | CM(2)
さわさん コンニチハ♪
すごく大変だったんだね・・・
少しは落ち着いた様子?みたいなので、
このままFくんのケガ、順調に治ることを祈ってます~(*人*)

大イベントの直前のケガ
何回も続くと、悲しくなっちゃうね~~・・・
私の場合、、例えば自転車で転んでケガしちゃったとか、、
スキーで衝突して、けっこうなケガしちゃった時も、
不運だ・・・(_xx)_と、思いながらも、、
一歩間違えば、もっと大惨事に見舞われて(チョイ大げさ)
死んじゃっていたかもしれない・・・
まだこの程度は、不幸中の幸いだったかも・・・
な~~んて、必死にプラスに考えようとしてるw

Fくんは、腐ってなくて、一生懸命筋トレしてたり、、
この子が、実を結ばずして、誰が実を結ぶんだ!!
って、私は心から思うよ~。。
そんな健気な子供の姿がわかっただけで、、
さわさーん、色々悲しいこともあるけど、幸せも大きい!と思うよね~♪
[ 2007/10/26 14:10 ] [ 編集 ]
◆みかねえさん、いつもありがと~*^^
あったかい励ましのお言葉♪
救われるわ~♪♪♪^^

そうだったね!!
みかねえさんの怪我も心配だったよ。
ほんとに「一歩間違えば、、、」ってことあるもんね。
私自身は「外傷」で不運を嘆くことは記憶にないんだけど、
なにしろこの持病のせいでのドタキャン多くてね;;;
まー、そういう時はジタバタしても仕方ないし、そこからどうするか、を考えないと☆だよねw
Fも切り替えの早い方だけど、今回はさすがに残念そうでねぇ~;;;
それも1日で終わったけど。
今週はひたすら筋トレ。
んでもって、昨日診察してもらったら、「もう包帯は巻かなくてOK、お風呂にも普通に入って良く、たぶんその時に黒くなった皮膚も自然に剥がれてくるから、くれぐれも自分で剥かないように」と指示が出て、そのとおりにしてたら、今朝、シャワーを浴びた際につるんと皮が剥けて、綺麗な新しい皮膚になったの。
ひと段落ですよ~*^^
そうすると、もう居ても経ってもいられなかったらしくて、早速午後からバッティングセンターに出掛けちゃって;;;
(雨で練習は中止だったので)
久しぶりだったんだけど、筋トレがよかったのか、あんまり違和感なく打てていたみたい。
(係りのおっちゃんに、「いい打球だで、もっと打ってけ!」って、ちょこっとサービスしてもらっちゃったらしいよw^^)
でも、いくらキズは塞がったからって、まだ新しい皮膚は柔らかいし、気をつけないとまた割れちゃうといけないから、ムリしないようにと言っておきました。
また明日から挑戦の日々だよ~*^^

私も食べ物に気をつけて、体調管理に勤しみましょw
みかねえさんも「お仲間」だから、色々気をつけようね☆^^
[ 2007/10/27 20:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。