KEY OF LIFE

お茶好き・さわが日々心に留まったことを綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

思い2

021108glass

前回の記事で、まずは私について書きました。
で、やっと本題です。笑

昨今のTVでのいじめ報道に、大きな疑問を持っています。
遺書や方法を公開する。。。そこまで報道していいのか?必要があるのか?
いじめ自体は悪です。
突然その事実を突きつけられた人々の苦悩も察せられます。
我が家の息子も小さい時から色々あります。
私自身の子供の頃もそうでした。
ひとつ何かが違ったら、TVでの映像は自分に起こることでもあるのです。

でも。と、思うのです。
いじめと自殺をあまりにも結び付けていないか。
いじめと自殺は別で考えるべきではないか。
このままでは、全ての人に、疑心暗鬼が生まれ、ますます生きにくい社会になり、ますます心の行き場所がなくなるのでは。。。と不安に思います。
矢継ぎ早に発表される教師への厳罰化やいじめた生徒への出席停止・奉仕活動の義務化。
そんな、監視に満ちた世界を作ってしまって良いのでしょうか?
監視と見守り、育てていくことは違うはず。

話は飛びますが、その昔、就職した頃、気の合わない人にどう接するべきか悩んでしまったことがありました。
でも、「そんな、みんなに好かれようと努力してあわせるなんて、どだい無理な話よ。気の会わない人は居て当然」とアドバイスを受けました。
大人の社会ならこれは「常識」だったり、「処世術」に入るのかな?
息子を見ていると、「みんな」の中のアベレージ。。。真ん中の場所に居ることが一番居心地良いから、そのために努力する、みたいな心情を感じることがあります。
また「みんな」の登場。
みんなと同じようにして、乗り遅れずに付いてゆく。
たまに「疲れた」と言います。
そりゃぁ疲れるでしょう。
お互いにもっと軽くなれるといいのに。。。
スポンサーサイト
[ 2006/11/29 23:34 ] 日々のこと/私 | TB(-) | CM(2)
いじめに関しての報道は・・・
なんか歯止めが利かなくなってしまってる感じがするー。
政府も、とにかく『案』を出さなくてはいけない状況っぽいし、
無理やり感がぬぐえないよね~。

遺書の公開は、そうだね、たしかにさわさんの言うとおりだね。
私が今まで感じていた事は、ちょっとズレるんだけど、
私が、もしいじめに遭って、自殺を考えるとしたら、
遺書にも、いじめた相手に対しての、恨みつらみを書くけど・・
この子達って、、それさえも書かないんだ・・・
これは、優しさ?強さ?弱さ??いったいどれなんだろう??
わからない心理だな・・・っていうこと。。
なんか、この部分の解明がすごくポイントのような気もするの。。

今のいじめは・・・仕返しが怖いから言わない。。
大人が思ってる以上に、いじめは陰湿なのかもしれないし、、

ごげっちのクラスにも、前も聞いてもらったけど、
問題児がいて、、
その子と9月にあった中津川が一緒の班だったから大変な事に・・・

うちの子の話や、周りから話を聞いて
とてもやりきれなかったから、先生に手紙を書いてみたの。

以前も、トラブルがあり、謝罪されて、仲直りをしたはずの間柄だったから・・・
『・・・・親としては、Aくんと仲良くしなさい。とは、もう言えません。出来たら、関わらずに
いてほしいと思ってます。先生の方で、何かご助言があればお聞かせください。。』っていう内容で。

せっかく子供が楽しみにしてた中津川だったので、親としても、とても悲しく、残念に思います。。
なんて書いておいたら、先生も、かなり気にされた様子で、、

Aくんは、とても攻撃的な上に、自分の非を認めない子供なので
距離を置くようにしましょう。
毎日、今日はどうだったかを、先生に報告するようにしましょう。
しかし、仕返しをされるから、言わない。。というのは、なんの解決にもならないので、
言えるように、強くなることが大切なんだ。。と指導して行きましょう。。
・・・ということを決めて、子供にも、よく言い聞かせたら・・・

Aくんが意地悪なのは結局直らず、その日の気分で、
いい子になったり悪い子になったり・・
でも、ごげっちは他の子達と、意識的に遊んで、
関わらなくしたから、被害が少なくなったみたいだし、
先生には、Aくんにこんなこと言われたから、こう言い返した。。
って、話をすると、先生は笑って聞いてるみたいだし、、
最初は、先生に言うのはどうかな・・・と思ったけど、
結果は、言って良かった。。って、思ってる。。

おとといも、そのAくんにいじめられてる子がいるので、
ゆうやと二人で、先生に言いに行った!
・・・って、言ってた。。

話を聞いていて、Aくんって、、バカか!!って思う。。
もう少し、精神的に成長しなければ、
周りが何言っても直らないような気がしてやりきれなさを感じるけど、
自分の子が、ひとまずそんな子じゃないだけ、良かった。。とか、
何の解決にもならないことで、ほっとしていたり。。。

今の、いじめ問題は、どうなんだろう?
どうしたら、少しはよくなるんだろう??
光が見えなくて、、親としたらとてもつらい。。
・・・というのが、私の気持ちです。

長々と、、、スミマセンデシターーーー。。
[ 2006/11/30 13:42 ] [ 編集 ]
◆みかねえさんへ
こんばんは~*
コメントサンキュです!!書くの、大変だったでしょう?ありがとねん♪^^

>遺書にも、いじめた相手に対しての、恨みつらみを書くけど・・
あー!これ、私も思ったことあったな。
辛かったことや、恨みなんかじゃなく、「お金は全部学級で使ってください」とか、
「○○さんにあげたかった」とか、「生まれ変わったら○○になりたい」とか、
なんというのか。。。
死に対して希望を抱いているという印象を受けたというのもあったよ。
現状がそれだけ辛かったのか。。。とも。
でもね。。。
それって、ほんとに狭い世界だから、なんとも言えないんだけど、見ていると、
ご両親はいわゆる普通な感じのご家庭の子がなくなるケースが多いような気がして。。。
だったら、たぶん両親にちらりとでも話したら、「それは一時的な世界で、
もちょっとしたら、状況は変わるんだ」というようなこともアドバイスされたでしょうに。。。
なんて思ってしまう。でも、これは親からの目線だよね。
渦中の子供には、その状況が全てだから。。。それが全部だと思っちゃう。
うん。みかねえさんの言うように、この気持ちの動きの解明が大事だよね。
違和感あるもん。きっと私達の感覚と大きく違う何かが潜んでいる。

ごげっちくん、大変だったんだよね;;;
ああいう、他に逃げ場のない状況(自然教室とか修学旅行とか)って、一旦楽しくないことが起こると、本当にどうしようもなくツライ日々になっちゃうもんね。
ごげっちくんはよく頑張ったと思う!
そして、みかねえさんの的確なアドバイスがあってよかったよ。「いなし方」というと御幣があるけど、ごげっちくんは大事なことを学んだよね。
できれば何事もなく付き合っていければ言い訳だけど、通じない子には仕方ない。
Fもね、小6の時に同じようなことに巻き込まれて。。。というのか、「反旗を翻した」ウチのひとりだったわけだけど、ハタから見ると、集団いじめのメンバーの一人、と認識されたの。
実際は、ごげっちくんが関わったA君と同じような状況で、B君ってのがいて、お母さんもいわゆる学校に顔の利く人だったし、世間的にも「やり手・一応公平な人」という認識だったこともあって、そりゃもう大変な騒ぎでした。
みんな野球仲間で、陸上部仲間で、その中で人間関係のピラミッドが出来ていて、当然B君が頂点で、その他は階級に分かれていて、お母さんの仲良し度合いもそのピラミッドにビミョウに反映されていて。。。
Fはぺぇぺぇからちょこっと「昇格」したこともあったけど、元来争いごとを好まないし、人の心の動きに敏感なので、いじめられそうな子が居ると、さりげなくフォローしてたりしたら、やっぱりぺぇぺぇ扱いで。それってね、小5の春休みにみんなでUSJに出掛けた時に、電車の中でも公然と繰り広げられていて、Fがイジワルされて、私に助けを求める目を一瞬したんだけど、B君のお母さんがとっても上手で「それは仕方ないこと、笑うべきブラックジョーク」みたいに処理されて終わり、って感じで。
そんなことの積み重ねでみんなB君が鬱陶しくて(結局足も1番速くないのに。。。野球もすっごく実力あるって訳でもないし、勉強は苦手な子だし、人望ないし。笑)、なんで自分達はB君の風下でへいこらしてなくちゃいけないの!?って「目覚めて」、B君と遊ばなくなったの。
それはほんとにそれぞれの理由だったんだけど、ただ、時期が重なったので、「さわさん!どうしてF君はBと遊ぶのを断るの?」とか「C君ってこんなに変だけど、F君はそんな子じゃないよね!?」って、1000文字以上の携帯メールが毎日数回送られてくるようになり;;;
もぉ、母同士で「子供のことだから」と、手出ししないで見守ろうとしたら、結局学校も巻き込んで大変なことに、、、
だからぁ、あなたの息子と遊ぶことに飽きただけで、、、Fなんか、誰とも遊ばずにずっと漫画の三国志なんかを読んでいただけなのに。
それまでさんざん人前で笑われてきたことを、NO!と言っただけで、それはいじめになるのかな?ほんとにそれは疑問でした。
同じ中学なんだけどね。まぁ、今では一緒に帰ってきたり、それなりに楽しんで付き合ってるみたいよ。あの時、おおごとにしなかったら、B君はもっと楽に友達との関係を修復できたと思うんだけど。
B君以外にも、S君って強烈な子(こっちは中学に入ってさらに大変だけど;;;)の話もあるんだけど、またメールでね。

色々あって大変だけど、お互いに、存在を脅かしあうんじゃなく、確認しあって、距離感を持って付き合えるといいよね。

一概に言えない大きな問題だけど。。。
私も自分がとる行動を全部肯定できる自信はないけど、自分の子供はせめてしっかり見守っていきたいと思っています。
先は長いよね。。。
[ 2006/11/30 18:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。