KEY OF LIFE

お茶好き・さわが日々心に留まったことを綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

会話

先日、名古屋へ主人と出掛けた際、車の中でずっと理系と文系とはどういうことか、について話していました。
発端は、主人の大学の恩師が、この3月でご退官になるというところから。
理系の「研究」というのは、基本的に世の中の産業や生活に直接役に立つ基盤のようなものについてをコツコツと研究室に籠ってすることが多いことや、その分教授やその世界に身を置く人たちは、「外の世界」の話。。。世間話には目を輝かせて聞き入ってくる、というようなこと。
『産学一体』ということが言われて久しく、企業(産業)に役立つ研究が持てはやされ、資金も多く獲得できるけれど、実は一見価値を産まないように見える研究が、後々大発見に繋がる可能性も含んでいるというジレンマ。。。そんなことも話しつつ、主人の素朴な疑問。。。

「文系の人って、一体何を研究するのか?それは今の社会にどれほど有用なことで、価値を持つのか。何を生み出せるのか」

うーん;;;これはいわゆる「理系は潰しがきくけど、文系は。。。」っていうのと一緒、だな。
対抗することができないゾ;;;

だってね、私の卒論なんて、古事記に関してだったものね、、、主人の言う、「その、古事記の研究は、新しいことは何も産まないでしょ?たとえば、当時のことで新たに分かることがあっても、今の世界にそれは何か役立つのか」という疑問に答える術を知らない。
ただ、とりあえずいえるのは、私たちの祖先が築いてきた考え方とか、生きるヒントとか、そんなものは再構築できるということと、進むべき道を考えながら行動できる基盤を社会に作り出していく。。。ことかな???
私の研究室ではなかったけれど、たとえば、日葡辞書(日本ーポルトガル)を研究している大家が学校にいらっしゃったけれど、その辞書にある、当時の日本語の発音をもとに文献をひも解いていくと、歴史は証左できるし、面白いじゃない。。。
主人「でもさ、そんな研究に一生をささげられるモチベーションって何?」
私 「うーん、、、純粋に、知りたいと思う知識欲みたいなもの、かな。。。」
やっぱり劣勢だ;;;
私 「でもさー、哲学とか、宗教とか、人の暮らしの支えになるのは文系型じゃない?
   みんながみんな、研究に没頭するようになったら世界は回っていかないし、
   農作物も、バイオや肥料&土壌改良で収穫率を上げるばかりじゃない要素
   (農家の手のかけ方など)も大きいわけだし。そこに介在するのは、
   もっと普遍的な考え方のような気がする。。。」
主人「そうなんだけどねー。結局社会の基盤になるのは文系の人なんだけどさ
   でも、研究者となると、よく分からないんだよね~」

と、結局話は流れたまま、デパ地下駐車場に到着したので、そのまま。

ある、理系-文系夫婦の会話、でした。
長々書いて失礼しました。
まさに、こういう何も産まない記事、が、私を象徴してるような、、、
スポンサーサイト
[ 2007/03/31 04:29 ] 日々のこと/私 | TB(-) | CM(8)
研究
どっちも必要だから存在してるとは思うんですが、
確かに新しいものを生み出していく研究は理系なのかなー。
歴史だとか文学は、どうしても過去のものの研究になりますもんね。
でも、過去を研究が未来に生きることもあるし!

そんな色んな話ができるのも、夫婦ですね~
[ 2007/03/31 17:33 ] [ 編集 ]
うぅ~んどうなのでしょうね・・・m(_ _)m
うちは夫婦揃って「理系」人間なので文系のことはわかりませんが、研究とかで新しいモノを生み出していくのは「理系」だけれども、雑誌編集や小説家、アナウンサー等、情報を発信しているのは「文系」なのではないでしょうか??そう考えると、「文系」も生み出していることになるかな・・・。。
世の中においてはどちらも必要な存在なんですよね・・・きっと!!
[ 2007/03/31 21:10 ] [ 編集 ]
面白い話しながらドライブするんだね^m^
うちでは考えられないわ…。
旦那さまの言われている事はわかるけど
研究って社会に有効だからモチベーションが上がる!という
ものでもないんだよね。
自分のためというか、とにかくワクワクするんだろうね(^^)
それを研究して紐解いていく時の快感だけだと思う~。
それはきっと理系も文系も同じで、子どもが何かに集中する
ような感覚なんだろうね。
だから、研究者って個性的で、社会には適さない人が多いの
かも。
[ 2007/03/31 22:28 ] [ 編集 ]
◆COCOさんへ
>どっちも必要だから存在してるとは思うんですが
そうですよね?
なんだか改まって「文系は。。。」と言われると、何よ~!?ってな具合で。笑
それは、自分が文系だから思うわけですけど。^m^
なんだか「文系の研究にどんな意味があるの?」といわれると、言ってる方はそんな積りはナイのかもしれないけど、結局「要らないでしょ?」と言われているのと同じかと思えちゃうし。
一応便宜的に文系、やら理系、やら言うけど、そんなにバシッ!と真っ二つに割って考えられるほど単純じゃないとも思うしね~*
色々あって、それぞれ良いんでしょ?と思いたいわけです。
そんなことを話せるのも夫婦だからというの、ありますよね。確かにw^^
COCOさんのお家はどんな会話してるのかな。。。
少なくとも、もっと建設的&楽しそうな気がする~*^^

[ 2007/04/01 00:07 ] [ 編集 ]
◆askiさんへ
askiさんのお宅はお二人とも理系思考なんですね!!
カッコイイな~!!!
私は自分が文系で、理系の主人にいつも「話が長すぎ!」とか、「主語を言って!」とか言われ続けているので、文系であることにどこか負い目を感じる的な。。。そんな必要ないと思うんですけどね。笑
興味の出方がちょっと違うというか。。。そのくらいの捉え方だったりするのですが。
作家さんなんて、お医者様兼務の場合も多々、ですしね。
どっちがより必要な存在とか、そういうのは違うと思うわけですが、主人の論点も分からなくはない。
「研究」ということになると。。。というか、その研究の価値も、結局は人が決めることですし。
と、まぁ、こんな話のオチにしたって、結局「なにが言いたいのか?」と、結論を求めるのは理系なのかな?
文系の私は、まぁ、まぁ、そんな話をすること自体に、知的面白さを感じてしまったりして、そのまま満足しているフシもあったりします。^m^
[ 2007/04/01 00:17 ] [ 編集 ]
◆doorさんへ
ヘンな話してるよね?笑
普段必要なこと以外の会話がない私たちですが、こんなふうにいきなり始まっていることがあります。
それって、でも、ある意味文系的展開だよね?^m^
doorさんご夫婦はどんな会話なのかな~?
旦那様がちらりと言ったことに、doorさんが突っ込むという展開なイメージ>あくまでも、イメージなので、お許しください;;;
アニメの話とかもする?我が家だと、そいえばそういうエンターティンメント系の話はしないな。。。あんまり趣味に共通性がないからか。。。
この前の私たちの話は、かなり特殊な例ではあるんだけどね。ほんと、普段会話ないし。
で、「研究」の話をすると、結局その「研究」そのものは、それをしている人はやっぱり純粋にそのことを面白く思って、突き詰めていきたいと思ってしてるというのが一番だと思うんですよね~。それを、役に立てる、だの、何かを生むために使う、だのいうことは、そのほかの人たちの発想なんじゃないかな、と。
アインシュタインの様々な研究も、結局あの人にとっては「知りたい」が一番大事なことだっただろうし。まずは、そこがコアで、そこから先は、確かに世界に役立てたいとか、そういう風に結び付けていく研究者も理系には特に多いんでしょうけど。。。
そういうこと言い出すと、ほんと、私ってば、実生活でも知りたいと思うことやしたいと思うことにしか食指が動かないし、そういう意味では研究者向きなのかもしれないなんて思っちゃう。はた迷惑な存在だよね;;;も一歩行くと、自己中だもの。
あ、もしかしたら、主人はもちょっと現実を見て、役立つことをしなさいといいたかったのかも*^m^

ps.全然関係ないんですが、今夜のケータイ大喜利は、すっかり忘れていて。。。そしたら、Fはちゃんと録画していたもようです。で、本人は寝てた。笑 投稿するって言ってたのに ^m^
[ 2007/04/01 01:20 ] [ 編集 ]
あはは~*
さわさん、、ジレンマがあるよね~~!
どっちが、生み出してるっぽいかと言えば、理系だけど、
基本は文系の気がするーーかな?(ちょっと弱気(笑))
やっぱり、高校の頃でも、
理系の子は、なんだか頭脳明晰っぽくて、
ちょっと一目置かれてたような気がするなーー。
と、文系の私もちょっとひがんでみたりして~♪

今、いいこと考えたんだけど、、
さわさんの所は、お習字とかで勝負してみれば??
お習字が文系か?って、疑問は目をつぶってちょうだい!
絶対100%、旦那さまに勝つこと出来る~~~*
・・・って、、何言ってるの?って、思わないでね(=^_^;=)

うちのやじおは体育会系だから、楽だよ^^
[ 2007/04/02 14:35 ] [ 編集 ]
◆みかねえさんへ
こんばんは~*
またまたヘンな時間にうたた寝;;;ヤバイです。
今夜はこのまま寝ちゃおうかとも思いましたが、
主人の帰った物音などで目覚めたので、とりあえず起きました。笑

ねー!
学校時代、私も(?)文系だったから、理系の人にどことなくコンプレックス抱いていたりして。。。
絶対に理系の方が、頭よさ気だもんね。
よく考えると、法律を作ったり、言葉を体系的に捉えたり、そうやって人の世の基みたいなものを整えるのは文系なので、そんなに引け目を感じてなくても良いはずなんだけど。。。
少なくとも、自分はそういう、文系の中でもトータルなところに居なかったので、思考的にはますます引っ込んでいってしまうのかな。。。笑

あー、主人とはやっぱり対決してるみたいに見える?^m^
お習字って、それ良いアイディア!!!
ただし、ウチの旦那さんは、お習字にも通っていたので、癖はあるけれどとりあえず整った字ではあって、本人もそんなにコンプレックスではないはず。。。
ここは美術系しかないかなぁ。。。でも、あんまり実生活では披露できないね。笑

やじおさんは体育会系なんだね!
それは妻にとっては一番頼もしいよね☆^^
[ 2007/04/03 00:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。