KEY OF LIFE

お茶好き・さわが日々心に留まったことを綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

上海で買ったお茶 vol.4

すでに10月も1週間が過ぎようとしています
いい加減に旅行記を上げてしまわないとひと月経っちゃうな~;;;

ということで、お茶のこと、今回最後です

1109春風得意楼茶


『るるぶ 上海』にも載っていて、今回是非行きたかった
豫園近くの「100年老店>上海で一番古いのだとか」の、春風得意楼
名前からして期待させるではありませんか♪

2日目、上海博物館、豫園商城とまわり、鼎泰豊でお昼を済ませて(笑
また少し、豫園周辺を散歩したのち、
いよいよ上海老街(方浜中路)沿いにある、お店へ

近づいてきました!

1109春風得意楼4


が。。。入口が分からない;;;
看板の下には、
なんだか怖そうな小父さんが椅子にふんぞりかえってるお茶屋さんがあるんだけど、、、
並びには、雑貨屋さんとか、まったく「お茶館」な面影を伝えるものはなし。。。
主人が、「やっぱりさっきのところじゃない?」というので、
ちょっと不安なのをこらえつつ、件の小父さんに、「Tea House?」と聞いてみる
そうしたら、無愛想なまま、階段を指して、上だよ、と言っているらしい、、、

1109春風得意楼1

上がってみると、がらんと広い店内には、カードをしているグループと、
奥の方で、何やらまったり話している、サングラス姿の中年の男性が二人

ビビりまくる息子達;;;
「ねぇ、ホントにガイドブックに載ってる店なの?他はすごく混んでるのに、
 これっておかしい店なんじゃないの?」

ううーーーん、、、かぁさんだって分からんがね;;;
でも、確かにこの店の筈。。。

と、カードゲームしていた中から、一人の男性が立ってくる
も一度「Tea House? Tea Ceremony?」と聞いてみたら、
「はい、見せますよ。お茶、昔からの淹れ方見せますよ」と来た!

あらー?日本語?
ガイドブックには、日本語の分かる元教授が居るとあったし、
この人がそうなのかな?案外若いけど?
と、思っているうちに、
何が飲みたいか、お茶の友は何が良いか、流ちょうな日本語で聞いて、
もう一人、立ってきたチャイナドレスの綺麗なお姉さんに指示を出す

おお、この人がやはり、その教授さん。。。

1109春風得意楼2

以前、台湾の茶芸館でも経験した中国茶の作法で、
聞香杯で香りを確かめて、小さな茶杯でお茶を頂く

あー♪美味しい♪
そう、そう!これよ!これ!!
そう思いながら、止まらない彼の話に耳を傾ける

とにかく、話し上手!!!
日本語がお上手ってだけじゃない、素晴らしい!!
と、思っているうちに、「私はここの店の者じゃない。彼女がここで働いてる。
今日は、たまたま休暇(中秋節)でここに来ている。(仕事場は)名鉄観光と提携してる観光会社ね。
だから、お客さんたちの住んでる街のこともわかるよ。」

え!?
なんですとぉ!?
よりによって、名鉄観光!?>地元
しかも、「お客さんの街分かる」って;;;
世界は狭い、というか、広い、というか;;;

上海の結婚事情や、お水のことや、この界隈の建物の歴史、経済のことまで
面白かったです!
お陰様で、最初ビビりまくりだった息子達も、「行って良かった!一番印象深いかも」
なんていうくらい 良い体験だったな

1109春風得意楼3

で。おにいさん、商売上手でもあり
ホントに彼女のために頑張ったのか。。。?
烏龍茶の他に、「男の人はこのお茶を飲むんですよ、健康にも良いし」と
試飲もさせてもらって、主人が気に入った「一叶茶」というお茶を、
二箱買おうとしたら、「もうひと箱買ってくれたら、おまけにひと箱つけて、全部で4箱」という
主人、完敗な形で大笑いしながら3箱分のお値段で4箱買いました
まぁ、実際便利で美味しいお茶だから良いんだけどね*^m^

そんな、春風得意楼の名刺↓

1109春風得意楼名刺

クリックで拡大


スポンサーサイト
[ 2011/10/06 23:46 ] 紅茶/おいしいもの | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。