KEY OF LIFE

お茶好き・さわが日々心に留まったことを綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

遠い日々からの招待状 5

続き
■2003/12/04 (木) ジーゲスクランツの焼き菓子

 実家の父から東京土産に、
 ジーゲスクランツのブライデンバッハを貰った。

 ココアスポンジに栗が入っている。
 少しお酒の香りもするが、気になるほどではなく
 ドイツの焼き菓子としては軽い感じだ。

 ドイツ菓子ということは分かっていたので、
 ウバ・ハイランズと合わせる。
 ケーキの甘さを引き立てる渋みを持った紅茶。
 思ったとおり♪

 美味しい組み合わせが決まった時は、嬉しさも膨らむ。

 hotpot4




■2003/12/04 (木) やっぱり時期は大切に

久しぶりに美味しいダージリンが飲みたくなって、
取って置きのものを開けることにした。

2002年春、極上の出来と言われたピュッタボン。
売り切れ店続出の名園のお茶を、いくつかに分けて買ったうちの最後の一つ。
このお茶を知って以来、毎年買ってしまうというくらいに好きなお茶。

手順を踏んで、大事に淹れる。

あぁ、いい香り~♪

ダージリンは紅茶のシャンパンと言われるが、そのダージリンも、茶園によって実に様々な風味になる。
こちらはまるでフルーティなワインを思い浮かべていただければ、喉越しの余韻も想像していただけるだろうか?

やっぱり美味しいなぁ。。。と思いながら楽しんでいたのだが、、、

ん?

どうも最後に雑味を感じてしまう。。。少し苦いような ざらりとした感じの香り。
うわわ。。。
やっぱりふた夏も越してしまったから、お茶が変わっちゃったのかな。。。
いくら大事なお茶でも、飲み頃を大事にしなくちゃね、、、と今更ながらに実感したのでした。


■2003/12/05 (金) L'EPICIER 610 KANCHENJUNGA

最近久々に封を切るお茶が多いわけですが、今回はダージリンのブレンドです。

このお茶は、世界第三位の高さを誇るカンチェンジュンガ峰を望める茶園のお茶をブレンドしたものだとか。
茶葉も良質で、フルーティなダージリンがベースになっているようです。
ダージリンをカジュアルに、しかも美味しく楽しみたいというのには良いお茶だと思います。

水色は明るいオレンジ。少しスモーキーさ、渋みも感じられますが、総じてさらりとした喉越しです。

このお茶は、仕事帰りに少し軽いお茶が飲みたいな。。。本当はキーマンが飲みたいんだけどないので。。。と選んだものでした。
レーズンをつまみながら頂きました。(干した果物が好きなのです。笑)
レーズンは、つまむにはサルタナ種が好きなのですが、近くのスーパーはカリフォルニア種しかないのでちょっと我慢。笑
甘くて濃厚なレーズンのしつこさを、お茶がさっと鎮めてくれるのです。

     ☆ 本日のお茶 ☆

*ハロッズ アッサム・ラジガー・スーパファイン
*レピシエ 305 ウバ・ハイランズBOP
*レピシエ 610 ピュアダージリン・カンチェンジュンガ


■2003/12/06 (土) ミルクチーズケーキ

昨夜遅く帰宅した主人が、冬のイベントで会社から貰ったと、スイートガーデン(旧タカラブネ)のケーキを持ち帰りました。
私の他は、みんな休んでいたので食べるのはお預け。

スイートガーデンって?袋は「tb」となっているからタカラブネ?(近くのスーパーもタカラブネからスイートガーデンに名称変更していたのです)と、検索してみたら、やっぱり会社が変わっていたのですね。
そういえば、春頃そんなニュースも見た記憶がありました。普段買わないのでウロ覚えだったようです。

とにかく、今朝、さっそく頂きました。
やっぱりここはウバかな?と、セイロンティを淹れました。
このケーキ、ふんわりしっとりで、口解け具合も絶妙♪なかなか美味しい♪
添加物が色々入っているのはちょっと。。。な気もしましたが、普段使いには充分美味しいものでした。

   ☆ 本日のお茶 ☆

 *レピシエ 305 ウバ・ハイランズBOP
 *ハロッズ アッサム・ラジガー・スーパーファイン
 *レピシエ 871 ミニュイ #これはミルクティで。


■2003/12/07 (日) 紅茶を買うのは楽しい♪

今日は名古屋まで出掛けたので、久々にウィタードとエディアールを置いているお店に行った。
ウィタードのサマー・プディング、エディアールのエキゾチックがお目当て。
サマープディングの方は、ブラックカラントの実がコロッと入った落ち着いた香りのベリー系のお茶。
エキゾチックは名の通り、ココナッツやパッションフルーツやハイビスカスの入った華やかな香りの、紅茶というよりはまるでハーブティのようなお茶だ。
片やイギリス紅茶らしく着香は控えめ、片やフランス紅茶らしく賑々しい香り。
それぞれの缶にもお国柄が出ていて好きなのだが、どうも売り場の整理があったようで、よく売れるお茶以外は缶をなくしてしまったらしい;;;本当に残念。袋で買ってくると缶に入れなおさなくちゃいけないし。。。

普段まったく関心のない主人が、ウィタードの缶を取ってしげしげと眺めている。どうしたのかな?と思っていると、
「ウィタードってイギリスの紅茶なんだ」
あぁ、そうか。合点がいった。
たまにイギリス方面に出張があるのだが、その時に私の「紅茶買ってきて」というリクエストに、いつも困るらしい。
私がF&Mの紅茶よりも他の紅茶を欲しがっていることは分かっているのだが、目に付くのはF&Mが多いそうなので、そのたびに「どれにしよう???」と思ってしまうのだとか。
私は飲んだことのない紅茶も買ってきて欲しかったりするのだが、結局基本のハロッズ止まりになってしまうのだ。

そうよ。あなた。ウィタードやジャクソンズがあったら、そっちを買ってきてくださいね。^^

さて、ここでもう一品、ウィタードのキーマンを買って終わり。これもスモーキーさがイギリス紅茶らしく控えめなので好きなのだ。
ちなみに、こちらはすべて大手のメーカーさんなので、茶園ものとかオーガニックとかではなく、完全なブレンドだと思います。

お目当ての買い物が終わったところで、主人の思いつきで(!?)名古屋の驛麺横丁へ。
札幌ラーメンのお店に入ったのですが、初めてコーン茶というものを飲みました。
最初は麦茶かなと思ったのだけど、ちょっとした甘みと香ばしい匂いはコーンでした。さらりと飲みやすくて、ラーメンの後には嬉しいお茶でした。^^

    ☆ 本日のお茶 ☆

*ハロッズ  アッサム・ラジガースーパーファイン
*レピシエ  802 シナモン


■2004/07/08 (木) *本日のお茶* 超久々な更新;;;

L'EPICIER 662 ピュアアッサム・カルカッタ・オークション

ゴールデンチップス(茶葉の、もっとも若い芽。これに繊毛があるのだが、紅茶を淹れるとこれが浸出液に染まって金色に見える。=
フラワリー・オレンジ・ペコ)が多く含まれた贅沢なアッサムのみのブレンドティー。
コクと甘みが強く、ミルクティには最高のアッサムティー。
なんだけど。。。私はストレートで飲むのが好き。
渋みを殆ど感じない、さらりとした甘さのままに 頂きます。

                    +++++++++++++++++

以前は一日6~8杯飲んでいた紅茶を、今は一日2杯にしています。
持病のことで考え込んだ春以降、体調管理のために大幅な食事の見直しを図り、
好きな紅茶も控えることにしました。
が、、、
その前に買い込んだお茶、頂き物のお茶、、、合わせて3kg以上ある茶葉のストックに悩んでいます。
確かにまだ2年以上持つはずですが、夏の暑さを越えていくと風味はどんどん落ちていくので
できれば今あるお茶はなるべく早く飲んであげたい。。。

でも、缶に入っているものはほとんどありません。
自分で飲むつもりなので、袋入りで買うからです。
この状態でもいいから貰ってくれる方があるといいのだけれど。。。
ちなみに、残っているのはどうしても香りがキツい フレーバードティが多いのです。
夏でもhotで飲む私には、ちょっとキツ過ぎるので。。。

ほんと、こんな勿体無いことはありませんねぇ;;;


■2004/07/28 (水) アーマッド イングリッシュアフタヌーン

この暑い夏でもHotTea派の私には、この時期さらりとしたお茶が嬉しい。

となると、アッサムはちょっとくどく感じるときもあるわけで;;
で、今はこの、アーマッドのイングリッシュアフタヌーンという
ブレンドティーをよく飲んでいる。
ほんの少し香るアールグレイが スッキリ感とさらり感を高めているお茶。
淹れたては熱すぎるので、少し冷ましてからゴクゴク飲んでしまう。
美味しいのよねぇ♪^^

ウバ(セイロン)も さらりとして飲みやすいんだろうけれど、
私はあの渋みが良い時と全くダメな時の波が激しくて
自分でも体調によって予測がつかないので やっぱりちょっと苦手。

この夏も、アールグレイ系のスッキリした香りのHotTeaで乗り切ろうと思っている。



■2004/07/30 (金) 紅いお茶

昔から紅茶が好きだった。
セイロンティーにしても、アッサムやダージリンにしても、
カップの縁にオレンジ色に輝く輪を見ては、
うっとりと時を過ごしていたこともある。
そんな高校生だった。

どうしてそんなにも。。。
なぜ「紅茶」でなければならなかったのか?
友達がコーヒーをブラックで飲むようになり、
「大人になった気分♪」と言ったとしても、私は友達のために喜びはしたけれど、
自分がブラックを飲んで「大人」になりたいと思ったことはなかった。

占いは
信じるときと信じないときと。。。
まぁ、基本的には参考に と考えている程度だが
面白がって色々見たりはする。
そんな中、大体の占いで、私の基本色がオレンジ色、ブラウン、赤、黄色とあるのを知る。
こんな偶然ってあるのかな?
これは信じてしまいそう。

私が紅茶を好きなのは、こんな理由なのかもしれない。



スポンサーサイト
[ 2011/06/28 14:55 ] 紅茶/おいしいもの | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。