KEY OF LIFE

お茶好き・さわが日々心に留まったことを綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ありえん;;;

1月末に体調を崩した主人だが、
それとは別に、会社の保険室から「指導」が入っていた
例の、健康診断と合わせて行われた「メタボ検診」に引っかかったのだ;;;
まぁ、主人の場合、予備軍ということで、まずはゆっくりメニューを決めて。。。というスケジュールだったようだが、
食事療法は出来ても、運動は、腰のこともあって、ウォーキングから徐々にとなった

そんな経緯の2月後半から。。。
3月第2週は、三度の食事のカロリー計算、そして、週2回の全部のお品書き(中身・重さとも)を
表にして提出となっていた
その「指導」は、週1で水曜にある
そこで、私はおととい。。。というのか、もう日にち変わった水曜の深夜2時。。。(になっちゃうのよ、火曜は仕事だから;;;)あれこれ取りまとめて、朝、主人が食事する場所に置いておいたのに、、、
飲み会から帰って、新聞の下をまさぐり、
「あぁ、これ、これ。忘れてっちゃったんだよねー;;;」
えぇー!?
私も昨日は家事をちょこっとさぼっちゃったから新聞は朝主人が見たままになってて気付かなかった;;;
あちゃ、、、それはないよね?
睡眠時間削ることなかったじゃんー:::と、ちょっと悲しい、、、
特にペナルティはないようだけど、「やる気」を疑われたかもねー;;;>主人
来週はきちんと提出しましょうw
スポンサーサイト
[ 2009/03/19 18:52 ] 日々のこと/私 | TB(-) | CM(0)

少しだけ余裕?

最近は食事療法のこともあって、19時台には帰宅していた主人が久々の飲み会に出席とあって、どことなくのんびりした夜になっている
。。。。。。。
って、「亭主元気で。。。」みたいなセリフを吐いてしまっているのが何となく後ろめたくもあるが、結婚後ずっと、朝7時に送り出して次に会うのは22時過ぎみたいな生活を続けた身にとっては、最近のリズムの変化は結構キツかったりするのが本音(笑

ともあれ
今夜は余裕。。。ということで、何となくPCに向かってしまうのだが。

今までも、ここに書いておきたいな。。。ということは多々あった
仲間と始めたウォーキングのこと、庭の話、スーパーで思ったこと、子供のこと。。。
でも、普段はホントに気持ちの余裕もないくらい、次々に追われているように日々を過ごしている最近なので、「あぁ、この話、blogネタなんだけどなぁー!」と思いながら、PCにダイレクトにこの思いが文章化されて映し出されればいいのに。。。」なんて考えたりした

今回は、そんな中から、子供ネタのひとつを書いておこう

先週のWDに、息子は手作りのパウンドケーキを焼いたのだが、
どうやら息子の周りの男子や、その年代の男子にちょっとした手作りお返しのブームがあったようなのだ
息子の友達が二人、一人の子の家に寄って、一緒にそれぞれのお返しを作るという話は聞いていたけれど、他にもそういう子がいたようだし、
その数日前、出掛けた美容院でも、「イマドキの男の子は手作りで返すみたいだねー」という話を聞いた
お菓子作りって、ちょっとした実験のようでもあるから、男子にも楽しいかもしれないなー
そんなことを思った

かくいう私の息子は。。。
結局、私も材料の計量は手伝ったし、型に流すのも手伝ったし、オーブンの脇で焼きあがりも見てたし、すべてが息子の手作りというわけではなかった;;;
うぅーん、、、これってどうなんかなぁ;;;
過保護;;;か(--;;;
まー、練習試合終わって帰ってきた後に作ってたりするのでね、、、許してね、○ちゃん
気持ちだけでも汲んでやってください、、、
[ 2009/03/18 22:25 ] 日々のこと/私 | TB(-) | CM(-)

明日までで。。。

読みきれるわけない。。。
と言ってた本たち
やはし無理!ですねぇ、、、

『今、ここからすべての場所へ』はまだ半分のままだし;;;
『右岸』も来ちゃったし;;;>この返却期限は31日なのでまだ先ですが

あれ?
図書館のHPで私個人の利用状況をチェックしてみると。。。
『今、ここからすべての場所へ』についての次の人の予約マークが消えている。。。
さては、別の一冊が先に返却されて、待っている人に渡るのでしょう
ラッキー!
じゃ、も一冊、予約マークが今日点った『佐高信の辛口100社事典』を読んじゃいましょうw
こちらの方が、サクサク読めるかも*笑
[ 2009/03/18 16:06 ] 本棚 | TB(-) | CM(-)

信じるとは?

私は、今いる場所に自信がないのか?
していることに倦んでいるのか?
すべての関係から逃げているのか?

たまに、分からなくなる


今日は、仕事関係の会議で、
つい「うっかりと」本音を言った
そしたら きたきた
批判、もしくは否定の嵐
本部サイドの人間は仕方ない
仲間。。。といっても、私の母のような年齢の人の上から攻撃も仕方ない
確かに、私はこの組織に属して仕事をしている以上、
組織の不利益に繋がること、ひいては
組織の否定にもなりかねないことを言うべきではなかったのだろう

しかし
どんな組織にも、少しの矛盾は生じるのではないか。。。
そんな私の思いはストレートすぎて痛いのか
まぁ、よく息子にも「賢い母なら(人なら)そんなことは公然と言わないでしょ」
と言われるので、私のこの性格が、根っからのアフォなんだろう

現実の混沌を、私たちが仕事で対峙する人たちが持つ不安を、
「こちらの提供するものだけやっていれば、そんな不安はない『はず』なんですけどねぇ」と言い切る本部サイドの人間は、彼自身のプライベートにおいて、その不安要因にまだ巻き込まれたことはない
現実世界の混沌と不安をまだ経験していない人と、すでに通り過ぎてしまった世代の人の言葉
だから、私はそんな言葉に折れる必要はないのだ、と思ってみても、
すでに口からこぼれ出た言葉の持つ重みと影響力は、これを消すことは出来ない

私は、でも、
自分のしていることに妄信や過信はもちたくないのだ
この方法さえしていればOKなんて、
生身の人間相手にそんな訳はない
必要に応じて、色んな対応があってこそ、その能力も開いていくのだと思っている
私たちのしていることは、大きな目標に向かっての、ひとつのきっかけにしかすぎない

かといって、確かに私はひとつの組織に属し、その組織の提供するノウハウに沿って仕事をしているわけだから
覚悟もないまま、批判に繋がることを言うべきではなかったのかもしれない
結局は、日々の中で感じている疑問が口を突いて出たのと同じなのだ
そういう意味では、この仕事について、本部サイドから今後なんらかの指導もしくは契約見直しがあったとしても仕方のないことだ

人は迷うもの
しかし、迷う姿自体を否定されるべきものではない
[ 2009/03/18 15:12 ] 日々のこと/私 | TB(-) | CM(-)

読みきれない;;;

会社の休みの関係で、時間的ゆとりの出来た主人と
市の図書館に出かけることが増えました
住まい近くの公民館にも、中央図書館の分館があって、
そこそこの蔵書もあるのですが、なんといっても中央図書館の比ではありませんし、
何よりも中央だと新刊本・新着本が揃っているのが魅力♪
netのオン・ライン中央図書館で、こんな新着本があるのだと眺めているのと、
実際に書架の前で背表紙を見たり司書さんお勧めのpopを見るのとでは大違い!
というのも実感できます
実際に見ていると、普段なら絶対に手に取りそうもないような本(たとえば物理書とか哲学書とか)なんかも、「おぉー!これ面白そう!!!」となったり。。。
そんな思いに駆られて次々手に取っていると、あっと言う間に一回の貸し出し制限10冊なんてすぐ;;;
絶対に2週間じゃ読めないよなー;;;と思いながら、とりあえず借りてきてしまう欲張りなのです;;;

で。
↓の江國さんと辻さんのコラボ本の時もそうだったのですが、次に予約が入った本から読み始めるのですが。。。結局2週間のうちにその最初に読み始めた1冊すら読みきれなくて、次に待っている方に渡っていってしまうということが最近はほとんど;;;
ホントに情けないのですが、読み始めて10分で眠くなるorz
面白い♪ ふむふむふむぅ~~~♪ なんて思いながら読んでいたはずなのに、
気づけば1時間半寝てた。。。!!!@。@
みたいなことばかり;;;
マジで凹みます

先回は、重松清さんと茂木健一郎さんの『涙の理由 人はなぜ涙を流すのか』を、運良く入荷一番で借りられたのに、上記の理由で半分しか読めず、次の人に渡っていきました
今回。。。というか、今読んでいる茂木さんの『今、ここからすべての場所へ』にも予約が掛かっているのに、5日でまだ40ページしか読めていないorz
この本の運命も他と一緒かしらー;;;
ちなみに、『涙の理由』は、図書館の蔵書1冊に対して、すでに4人待ち
今すぐ予約しても、また手に出来るのは少なくともひと月ちょっと先ということになります

先般返さざるを得なかったと書いた、辻さんの『右岸』のように、蔵書が5冊あると、予約時に15人待ちでももう届いたと知らせが入ることになります
んー;;;でも、タイミング悪いなぁ、、、
茂木さんのこのエッセイも面白いので全部読みたいし、『右岸』はもちろん読みたいし
エッセイは返すまであと8日、右岸は今日借りに行ったとして、約6日は猶予があるから読めるかな???
んでも、じゃ、他に借りている9冊(右岸は入れないで)は!?ってことになるよねぇー;;;


  ・ヨーロッパ人相学
  ・悼詞(鶴見俊輔)
  ・教育立国フィンランド流教師の育て方
  ・服は何故音楽を必要とするのか?(菊地 成孔)
  ・パリのアンティーク屋さん
  ・日本語の作法(外山 滋比古)
  ・佐高信の辛口100社事典
  ・滋養ポタージュで始めるヨーロッパ薬膳
  ・コーヒーのお菓子

以上の9冊

『悼詞』『日本語の作法』も予約で借りたもの
こちらの2冊は次の人の予約掛かってないのでとりあえずゆっくり。。。なんて、
悪いユーザーの見本でしょうか;;;
あー、こうして書いている間があったらさっさと読みなさい!!!ですねぇ;;;
ちなみに、コーヒーのお菓子は、今の時期、必要があったため(笑
普段お料理系の本は借りないのですが、今回は薬膳スープの本なんてのも借りてます^m^
[ 2009/03/13 10:41 ] 本棚 | TB(-) | CM(-)

シーズン・イン

息子たちの学年末テストの結果もそろい、先週末より本格的に部活が始まりました
長男にとっては、夏の大会までが、もしかしたら本気の野球をするラストシーズン
観ている方にも力が入ります
オフ中に、長男:Fが使わせていただいているバット(この学校は個人でバットを持ってくる子はいなくて、1本を決まった2、3人の子が使います)が新調され、その使い勝手の良さにFは喜んでいたのですが、この日曜の練習試合で早速証明されました
相手は先シーズン隣の地区で県大会2勝目まで行ったチーム
こちらが先攻だったので、1番打者のFが文字通りシーズン最初のバッターとなりました
そして、ピッチャーの投げた初球をレフト方向に流し打って三塁打☆
犠牲フライで先制点を挙げ、最高の滑り出しになりました
が、結局エースの立ち上がりを攻められたりで逆転、結果最後は追いついたものの、引き分け
やっぱり四球は「ピッチャーのエラー」と言われるくらい大変なことなんですねぇ;;;
次のB戦は勝ったので、チームの士気も落ちることなく、次に向かって良かったw

次男の学校は、残念ながら、、、というか、この時期、先輩たちの修学旅行があるので、練習試合が組めないまま春の大会を迎えることになっています;;;
Mは心配だ、、、とぼやいていますが、仕方ないですねぇ;;;

私はまた、ユニフォーム洗いと弁当作りの日々にどっぷり漬かりながら、息子たちの試合を追いかける日々が始まりました
面白いのは、主人がいきなり「ここいらでハンディカム買う?」なんて言ったこと
小学校の頃こそ、息子たちの試合を見に来ていましたが、その後は誘ってもとんと興味なかった癖にどうした風の吹き回しなのか^m^
やはり、Fの最後のシーズンってことなのかなぁ。。。
カム新調はちょっと無理っぽいけど、しっかり試合を見てやってほしいものですw
[ 2009/03/13 02:02 ] 日々のこと/子供 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。