KEY OF LIFE

お茶好き・さわが日々心に留まったことを綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鉄瓶 vol2

先日、あさイチで紹介された南部鉄器の鉄瓶のことを書きました

紅茶好きの知識として、鉄瓶に直接紅茶の葉を入れると、
水色が黒ずむ、とも

なのに、ヨーロッパでは愛用されているという番組の紹介もあって、
ちょっと疑問に思ったのですが、
昨日(あ、もう一昨日だけど)たまたま「MyRoom(日本語にしてね)」で
南部鉄器の急須を見つけて、解決しました

そりゃーさうだよね!!
そのままじゃ使えないとなったら、工夫するよねぇ!

中は琺瑯でコーティングされているので鉄分は溶けださないんだそうです!

なるほどーーー!
まぁ、だから、いわゆる鉄瓶の効能:鉄分を摂るのは出来ないということと、
直火はNGということなのですが、だったら良いじゃない!?と、
店頭でマジに購入を悩む。。。
たまたまお財布に入ってなかったので(笑)悩んだまま帰ってきちゃった
親友のお友達で何かとプライベートも筒抜けな奥さんに、
「取っておきましょうか?」と言われたけど、、、言われたけど、、、

あの赤も良かったけどーーー!
ちょっと容量が、ね。。。
ティーカップ2杯がキツイな。。。
お客さんに出せないのもな。。。

でもって、ググってみました*
結構あるのね

オ ドゥラ デ メール

楽天


あと、「MyRoom(日本語にしてね)」さん各店舗
(こちらは、なんとなく恥ずかしいので半分伏字ですけど;;;)
こちら、お店によっては置いてないようなので、確認が必要です
都内のお店のディスプレイ画像にはすべて載っていましたけどね
5色展開で、一番人気はやっぱり赤なんですってー!

ううぅーん。。。悩むなぁ。。。知り合いのお店で買いたい気持ちもあり、
もっと容量あるものを買いたくもあり
お値段は6000~8000円台です
マリフレよりは買いやすいかな
スポンサーサイト
[ 2011/12/04 01:39 ] 紅茶/おいしいもの | TB(-) | CM(0)

鉄瓶

昨日までの温かさが消え、冷え冷えと始まった12月

夜の間 静かに降り積もった庭の枯葉を掃いているうちに、
「あさイチ」では南部鉄器の話になっていたのですね~*
カーネーションから録画掛けてたんだけどな;;;
途中、これから!ってところで録画残量がなくなって切れてしまってた;;;
8時50分頃、庭掃除終わってTVの前に戻って、「はっ!;;;」となった時には
既に遅し;;;

ごそごそ続けた家事もひと段落して、やっと落ち着いて観てみたら。。。
「どん晴れ」でも出て来てたけど、南部鉄器の話が!
しかも、マリアージュ・フレールが!!

紅茶飲みな方なら皆さんご存知と思われるあの名店ですね♪
冬になるとねー、特に、ここのお茶は飲みたくなるわけですよ
たぶん、その華やかな香りに理由があるんでしょうけどね

個人的には、ブレンドティーに冠されるその名前も、想像力を掻き立てられるというか、
どことなく、大航海時代の商人たちの息遣いを感じるというか、ちょっとロマンなのです
ゆっくり茶葉がジャンピングするのを見ながらその昔を思ってみるのも一興
それに、あのパッケージですから☆
冬に似合う紅茶銘柄^^
何を隠そう、こないだ名古屋に出掛けた折にも、お歳暮用に誂えて来たばかりでした

あれ?広報になってる(笑

南部鉄器の話でした

ここの紅茶屋さん、南部鉄器とのコラボはかなり前からではなかったっけ?
10年くらい前、京都のお店に行った時にもあったような。。。
ウエッジウッド的な丸くぽってりとしたティーポットに慣れていて
意表を突かれる思いだった記憶
だって、南部鉄器といえば、茶道を習っていた頃のあのイメージですもん
紅茶にも!?って感じ

それからずっと気になってるのですが、まさか「あさイチ」でお目に掛かるとは

ただね、実は、買うのに踏み切れない理由は、その素材:

確かに保温性も抜群で、体にも良いといわれる鉄器なのですが、
紅茶のタンニンと鉄分は、くっつくと水色を黒ずませるという特徴があるのですよね
(これ、番組内で放送したのかな?してたら重複ゴメンなさい)

まぁ、ミルクティにする分にはかえって円やかな味わいになるようですので、
その時々で使い分ければ良いのかも知れないけど。。。

今日の放送で、MFさんに注文が殺到するかもね~*^^
モダンな鉄器、いいかも!


マリアージュ・フレール HP: http://www.mariagefreres.co.jp/


寒いし、マルコポーロ淹れてみました
画像撮るのに、光が足りなくてダイニングのライトを点灯
冬だな~

111201marifre

ベリー系の華やかな中に、スパイスのスッキリ感も加わった味わい
温まってきました♪
カップはウエッジウッドの RENAISSANCE BLUE
これも、我が家では、寒くなって出番が来るカップです
コーヒー用なのはご愛嬌で~*^^
[ 2011/12/01 11:18 ] 紅茶/おいしいもの | TB(-) | CM(0)

上海で買ったお茶 vol.4

すでに10月も1週間が過ぎようとしています
いい加減に旅行記を上げてしまわないとひと月経っちゃうな~;;;

ということで、お茶のこと、今回最後です

1109春風得意楼茶


『るるぶ 上海』にも載っていて、今回是非行きたかった
豫園近くの「100年老店>上海で一番古いのだとか」の、春風得意楼
名前からして期待させるではありませんか♪

2日目、上海博物館、豫園商城とまわり、鼎泰豊でお昼を済ませて(笑
また少し、豫園周辺を散歩したのち、
いよいよ上海老街(方浜中路)沿いにある、お店へ

近づいてきました!

1109春風得意楼4


が。。。入口が分からない;;;
看板の下には、
なんだか怖そうな小父さんが椅子にふんぞりかえってるお茶屋さんがあるんだけど、、、
並びには、雑貨屋さんとか、まったく「お茶館」な面影を伝えるものはなし。。。
主人が、「やっぱりさっきのところじゃない?」というので、
ちょっと不安なのをこらえつつ、件の小父さんに、「Tea House?」と聞いてみる
そうしたら、無愛想なまま、階段を指して、上だよ、と言っているらしい、、、

1109春風得意楼1

上がってみると、がらんと広い店内には、カードをしているグループと、
奥の方で、何やらまったり話している、サングラス姿の中年の男性が二人

ビビりまくる息子達;;;
「ねぇ、ホントにガイドブックに載ってる店なの?他はすごく混んでるのに、
 これっておかしい店なんじゃないの?」

ううーーーん、、、かぁさんだって分からんがね;;;
でも、確かにこの店の筈。。。

と、カードゲームしていた中から、一人の男性が立ってくる
も一度「Tea House? Tea Ceremony?」と聞いてみたら、
「はい、見せますよ。お茶、昔からの淹れ方見せますよ」と来た!

あらー?日本語?
ガイドブックには、日本語の分かる元教授が居るとあったし、
この人がそうなのかな?案外若いけど?
と、思っているうちに、
何が飲みたいか、お茶の友は何が良いか、流ちょうな日本語で聞いて、
もう一人、立ってきたチャイナドレスの綺麗なお姉さんに指示を出す

おお、この人がやはり、その教授さん。。。

1109春風得意楼2

以前、台湾の茶芸館でも経験した中国茶の作法で、
聞香杯で香りを確かめて、小さな茶杯でお茶を頂く

あー♪美味しい♪
そう、そう!これよ!これ!!
そう思いながら、止まらない彼の話に耳を傾ける

とにかく、話し上手!!!
日本語がお上手ってだけじゃない、素晴らしい!!
と、思っているうちに、「私はここの店の者じゃない。彼女がここで働いてる。
今日は、たまたま休暇(中秋節)でここに来ている。(仕事場は)名鉄観光と提携してる観光会社ね。
だから、お客さんたちの住んでる街のこともわかるよ。」

え!?
なんですとぉ!?
よりによって、名鉄観光!?>地元
しかも、「お客さんの街分かる」って;;;
世界は狭い、というか、広い、というか;;;

上海の結婚事情や、お水のことや、この界隈の建物の歴史、経済のことまで
面白かったです!
お陰様で、最初ビビりまくりだった息子達も、「行って良かった!一番印象深いかも」
なんていうくらい 良い体験だったな

1109春風得意楼3

で。おにいさん、商売上手でもあり
ホントに彼女のために頑張ったのか。。。?
烏龍茶の他に、「男の人はこのお茶を飲むんですよ、健康にも良いし」と
試飲もさせてもらって、主人が気に入った「一叶茶」というお茶を、
二箱買おうとしたら、「もうひと箱買ってくれたら、おまけにひと箱つけて、全部で4箱」という
主人、完敗な形で大笑いしながら3箱分のお値段で4箱買いました
まぁ、実際便利で美味しいお茶だから良いんだけどね*^m^

そんな、春風得意楼の名刺↓

1109春風得意楼名刺

クリックで拡大


[ 2011/10/06 23:46 ] 紅茶/おいしいもの | TB(-) | CM(0)

上海で買ったお茶 vol.3

お茶好きなものでして、まだ上海でのお茶話が続きます
もう暫くお付き合いのほどを。。。

さて
今回は、臻茶林さんから二筋左手にある、『茶米家(cha mi +)』さんのご紹介

実際は、臻茶林さんより先にこのお店に入ったのでした


宿泊先のパークハイアットにチェックインしたのが13時ちょっと前
(予定より早かったのだけど、部屋に入れてくれました*)
そこからタクシーで田子坊に行き、降ろされた 泰康路 という
道路わきに立って、主人が
「もうこの向こう全部が 田子坊 なんだよ。だから、どこから行っても面白そうだよ。」
と言うのですが;;;
とにかく私としては、臻茶林さんに行くのが目的だったので、
正直、「えーーー? んなこと言われても;;;」な思い、、、

主人も、前に来た時にどうやって行ったかまで憶えてないというので、
とりあえず、すぐあった入口から入って雰囲気を見ながらお茶屋さんを探します
その道筋にあったのが、モダンでお洒落な雰囲気の 茶米家 さん

スタイリッシュなインテリアショップみたい☆

お店に入ったら、買う気満々なのが分かるのか、すぐに話しかけられ、
鉄観音(烏龍茶)の試飲を勧められました
こちらが日本人と分かったらしく、そこからは英語で接客され。。。
私も懸命に拙い英語であれこれ意志を伝えつつ、15分くらい居たでしょうか;;;
何とか「のど越しで甘みを感じられる極上烏龍茶が欲しいのよ」という、
私のこの旅一番の目的が果たされ、
2点の美味しい烏龍茶と、1点の美味しい紅茶を買うことができました♪
(ほんというと、阿里山や杉林渓高山があったらもっと良かったんだけど)

ここは、パッケージも気に入りました♪
中国らしさも感じさせながら、モダンなデザインが素敵です^^



実際の味をお伝えすることは出来ませんが、
パッケージの画像とともに、日本語パンフレット(!ちゃんとあるのね!)に
書かれたそれぞれのお茶の説明を載せておきます


・竹山金萱烏龍

1109茶米家烏龍茶

  産地:台湾南投県竹山産区
  お茶の色:明るい黄色
  香り:淡いミルクの香り
  味:さわやかで口当たりはまろやか

  「金萱烏龍茶」は、台湾のお茶の葉を改善し、また40年の歳月をかけて1981年に数千種の
   品目の中から選ばれ品種改良に成功したお茶です

   【茶米家】の「特選金萱烏龍茶」は、一個の芯から2~3枚の熟した茶葉を採ります。
   味はこってりしていて、のどを通る時の感覚がすばらしく、天然のミルクと
   木犀の香りが忘れがたいお茶です。





・日月潭紅玉

1109茶米家紅茶

  産地:台湾南投県魚池郷日月潭茶区
  お茶の色:鮮やかな濃い赤色
  香り:キャラメルの香り
  味:特別のミントの味

  ミャンマーの「葉種茶樹」を母樹として、41年の歳月をかけて台湾の茶葉改良場で改良された
  新しい茶種で、1987年に生まれ2002年に紅玉と名付けられました。

  日月潭の山麓で育った【茶米家】の「紅玉」は、お茶を入れた後、シナモンの香りがし、
  口に含んだ瞬間ミントのあっさりした芳しい味がするとともに
  アダムブラックティのような感じもします。

  お茶の愛好家からは、「特別な台湾の香り」と呼ばれ、香りの良さと甘美な飲み心地のある
  逸品です。何もつけないでお飲みになることをお勧めします。

(えっとね、、、白状しますけど、「アダムブラックティ」分かりません;;;
 それと、試飲したのと同じはずですが。。。着香紅茶ではないので、
 そこまですごく香るということではありません)


そして、以下の画像は、茶米家さんの名刺(クリック拡大)
田子坊 274弄という道筋です  
274弄 6号 が住所

他のお店でも試飲しましたが、雑味がなく一番おいしかったのがここのお茶でした
上海に行くことがまたあったら、是非に立ち寄りたいお店です☆^^

1109茶米家名刺



[ 2011/09/29 00:44 ] 紅茶/おいしいもの | TB(-) | CM(2)

上海で買ったお茶のこと vol.2

青空は広がって、爽やかな一日ですね
もう日は傾いて、庭では虫たちの音楽会が始まっています

北の地では、もうすぐVさんたちのコンサートが始まりますね!
あちらも晴れているのかな?
気持ちの良い日になっていればいいなぁ

参加されるみなさん、Vさんたちと楽しんで下さいねー!^0^


さて。
書きかけになっているお茶の続きです
って、昨日の画像のお茶はまだどれも封を切ってないのですが(笑

なので、以前主人にもらったこともある、
「臻茶林」さんのハーブティについて

臻茶林さんについては、お店の位置など昨日も書きましたが、
若者に人気の 田子坊 にある、おしゃれな雰囲気のお茶屋さんです
角のお店なので、入口が2か所あって、茶器などがメインの入り口と
ハーブティ「百花集」の看板がある入口とあります

以前お土産に貰ったのは、このたくさんのブレンドハーブティから3種類でした

・「清(漢字がない;;)去味」::飲酒・喫煙などによる口臭・喉の不快感や渇き・胃の疲れなどに。
                 風邪の初期の熱冷まし・ストレス緩和・清熱などの効果。
                 主に身体の熱を冷ます材料が中心で、金木犀の香りと
                 薄荷のスッキリ感が特徴です。 ノンカフェイン
                 

・「提神暖身」::冷え症・初期の風邪に。吐き気止め・胃腸機能向上などの効果。
         乾燥生姜となつめを紅茶にブレンドしました。 生姜の辛味を
         なつめが優しく緩和してくれます。 好みでシナモンをプラスしてもOK。
         体を温めます。

・「美容(字がない;;)胃」::冷え症・生理不順・胃腸炎・クーラー病・喉の不快感・イライラなどに。
                主に身体を温める材料が中心で、生活習慣病などに
                幅広い効果が期待できます。女性にお勧めの優しい味。ダイエットにも。
                ノンカフェイン。
                レモングラス・サンザシ・金蓮花・




このなかでのお気に入りは、最初の千日紅・金木犀が入ったもの
出すと、こんな薄い水色なんです

1109ハーブティ水色


でも、香りはしっかり☆
少しだけ、陽だまりの干し草のにおいも混じりますが、
金木犀の甘い香り、薄荷のスッキリ感、そして、なぜか蜂蜜の甘さも
私は飲酒も喫煙もないのだけど、このお茶が一番好きなのです(笑


ガラスのポットで淹れるのがお勧め
千日紅のころんとした丸くて紅い花や、
金木犀の小さな花がたゆたう様子は心が落ち着きます

肉眼だともっと綺麗なんですけどね;;;

1109ハーブティ千日紅


パッケージも、お土産に良い感じ♪

1109臻茶林ハーブティ

[ 2011/09/24 17:31 ] 紅茶/おいしいもの | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。